保険金お支払い例
子供のトラブル

 

学校内でのいじめや授業中のケガなど、子供にまつわるトラブル・保険金お支払い事例をご紹介しております。

※ 保険金のお支払い額は一例であり、支払額を確約するものではありません。
※ 弁護士費用は例示のものであり、事務所や事案によって異なります。実際の費用はご依頼いただく弁護士事務所にご確認ください。
※ 着手金・報酬金以外に印紙代などの実費がかかることがありますが、実費は補償対象外となります。
※ 結果・判決・賠償及び示談の金額は一例であり、ケースによって異なります。

同級生による いじめ被害

トラブル内容

中学生の子供が、暴言や暴力といった度重なるいじめの結果、うつ状態になって登校できなくなり、最終的には転校を余儀なくされた。学校側にも再三対処を求めていたが、「いじめはない」の一点張りだった。弁護士へ委任のうえ、加害生徒の保護者ならびに学校に対して総額300万円の損害賠償請求訴訟を提起。

弁護士ご依頼後の結果

経済的利益1,000,000円

当方の主張がおおむね認められ、加害児童の保護者ならびに学校に対して総額100万円の支払いを命じる判決が下された。

お支払い保険金

合計308,000円

弁護士費用と保険金支払額の内訳

  弁護士費用 支払保険金 自己負担額
着手金 264,000円 184,800円 79,200円
報酬金 176,000円 123,200円 52,800円
合計 440,000円 308,000円 132,000円

体育の授業中の骨折

トラブル内容

小学生の子供が体育の授業で腕を骨折するケガを負い、手術を含め2か月の入院を余儀なくされた。原因となったのは運動会に向けた組体操の練習だったが、危険度が高く多くの保護者から中止の声が上がっていた。しかし、学校は特段の安全配慮も行わないまま練習を継続。

弁護士ご依頼後の結果

経済的利益2,000,000円

安全配慮義務違反に対して、弁護士へ委任のうえ訴訟を提起した結果、治療を含めた請求総額350万円に対して、本人過失分を減額するなど200万円の支払いを認める判決が得られた。

お支払い保険金

合計450,400円

弁護士費用と保険金支払額の内訳

  弁護士費用 支払保険金 自己負担額
着手金 291,500円 204,000円 87,500円
報酬金 352,000円 246,400円 105,600円
合計 643,500円 450,400円 193,100円