保険金お支払い例
離婚・男女トラブル

 
離婚・男女トラブル

離婚・親権問題・慰謝料請求など、夫婦や男女関係にまつわるトラブル・保険金お支払い事例をご紹介しております。

※ 保険金のお支払い額は一例であり、支払額を確約するものではありません。
※ 弁護士費用は例示のものであり、事務所や事案によって異なります。実際の費用はご依頼いただく弁護士事務所にご確認ください。
※ 着手金・報酬金以外に印紙代などの実費がかかることがありますが、実費は補償対象外となります。
※ 結果・判決・賠償及び示談の金額は一例であり、ケースによって異なります。

妻が離婚に応じない

トラブル内容

Bさんは、妻であるAさんからの日常的な暴言等により夫婦生活の継続が困難と判断し、婚姻関係の破綻を理由に離婚を請求し、現在別居中。Aさんとしては、離婚は考えておらず、婚姻関係の継続を望んでいる。

弁護士ご依頼後の結果

妻側が離婚に応じないため、Bさんは弁護士に委任をし離婚を請求することになった。弁護士が代理人として妻に協議離婚を申し出て、協議を重ねた結果、妻の態度も軟化し離婚が成立。

お支払い保険金

合計154,000円

弁護士費用と保険金支払額の内訳

  弁護士費用 支払保険金 自己負担額
着手金 100,000円 77,000円 23,000円
報酬金 150,000円 77,000円 73,000円
合計 250,000円 154,000円 96,000円

元夫が養育費を払わなくなった

トラブル内容

2年ほど前に離婚をし、小学校1年生の子供がいます。離婚時に、毎月10万円の養育費を支払ってもらうことで合意していました。しかし、半年以上前より元夫からの養育費の振り込みがありません。未払いの半年分の養育費の請求をしたい。

弁護士ご依頼後の結果

経済的利益1,000,000円

弁護士に養育費の未払いについて相談。弁護士に元夫と交渉してもらった結果、10ヶ月分の養育費100万円を支払ってもらうことができ、今後の支払いについても書面で約束を取り付けることができた。

お支払い保険金

合計154,000円

弁護士費用と保険金支払額の内訳

  弁護士費用 支払保険金 自己負担額
着手金 80,000円 77,000円 3,000円
報酬金 160,000円 77,000円 83,000円
合計 240,000円 154,000円 86,000円

状況が変化したことから養育費を減額したい

トラブル内容

離婚をした妻との間に、6歳の子供がいます。養育費として、月10万円を支払うことで合意。自身の再婚と、再婚相手との間で新たに子供が出生し、扶養家族が増えるので養育費の減額請求をしたい。

弁護士ご依頼後の結果

経済的利益1,200,000円

弁護士に養育費の減額をしたい理由等について説明し、養育費の減額調停を提案された。養育費の減額調停により、養育費毎月5万円に減額することができた。

お支払い保険金

合計154,000円

弁護士費用と保険金支払額の内訳

  弁護士費用 支払保険金 自己負担額
着手金 100,000円 77,000円 23,000円
報酬金 144,000円 77,000円 67,000円
合計 244,000円 154,000円 90,000円

子供との面会を拒まれている

トラブル内容

離婚以降も子どもとの面会を希望をしていたが、元妻に話をしても聞き入れてもらえず、会えない状態が続いている。

弁護士ご依頼後の結果

子どもの面会交流について弁護士に相談し、元妻との協議も重ねたが会わせたくないと頑なだったため、弁護士より面会交流調停の申し立てを提案された。面会交流調停により、月1回の面会交流をさせる内容で合意することができた。

お支払い保険金

合計154,000円

弁護士費用と保険金支払額の内訳

  弁護士費用 支払保険金 自己負担額
着手金 100,000円 77,000円 23,000円
報酬金 100,000円 77,000円 23,000円
合計 200,000円 154,000円 46,000円

夫の不倫相手に慰謝料を請求したい

トラブル内容

夫の不審な行動が気になり問いただすと2年に亘って不倫をしていることが発覚。子どももいることから現在は離婚は考えていないが、精神的につらい思いをしたので、相手女性に対して慰謝料請求をしたい。

弁護士ご依頼後の結果

経済的利益700,000円

妻は、相手の女性に対して慰謝料請求をしたいと弁護士に委任。弁護士は代理人として、相手女性との交渉を開始し、不貞行為の証拠もあったため相手女性は慰謝料請求に応じた。しかし慰謝料100万円の支払いは経済的に困難なため減額を相手女性が求めてきた。夫に対する接触禁止を約束することを条件に話し合いを重ね、相手女性も最初は難色を示していたが、最終的に相手女性は慰謝料70万円を支払うことで合意した。

お支払い保険金

合計154,000円

弁護士費用と保険金支払額の内訳

  弁護士費用 支払保険金 自己負担額
着手金 100,000円 77,000円 23,000円
報酬金 140,000円 77,000円 63,000円
合計 240,000円 154,000円 86,000円

貞操権侵害により慰謝料を請求された

トラブル内容

メルシーの加入者(男性)が結婚していることを隠したまま1年間女性と交際していたが、妻に交際が発覚したことをきっかけに別れを申し入れた。それから1か月が経過した頃、交際相手の代理人弁護士から「交際相手は妊娠、中絶を余儀なくされたことから500万円の慰謝料を請求する」旨の書面が届いた。「妊娠、中絶」の事実には疑問があり、当方も弁護士へ委任のうえ対応することとした。

弁護士ご依頼後の結果

経済的利益4,500,000円

相手方弁護士は「減額交渉には一切応じない」との姿勢を崩さなかったため、やむなく訴訟へ移行することとした。訴訟を通じて「妊娠、中絶」を示す証拠の提出を求めたところ、2年前の診断書が提出された。加入者が交際を始める前のものであり、当然に否認。こうした態度が裁判官の不信感にもつながり、加入者に50万円の支払いを認める判決へと至った。

お支払い保険金

合計727,6000円

弁護士費用と保険金支払額の内訳

  弁護士費用 支払保険金 自己負担額
着手金 346,400円 242,500円 103,900円
報酬金 693,000円 485,100円 207,900円
合計 1,039,400円 727,600円 311,800円