保険金お支払い例
高齢者トラブル

 
高齢者トラブル

介護施設での事故など、高齢者にまつわるトラブル・保険金お支払い事例をご紹介しております。

※ 保険金のお支払い額は一例であり、支払額を確約するものではありません。
※ 弁護士費用は例示のものであり、事務所や事案によって異なります。実際の費用はご依頼いただく弁護士事務所にご確認ください。
※ 着手金・報酬金以外に印紙代などの実費がかかることがありますが、実費は補償対象外となります。
※ 結果・判決・賠償及び示談の金額は一例であり、ケースによって異なります。

介護施設での死亡事故

トラブル内容

高齢者介護施設に入居中の父親が、夕食に出された煮物がのどに詰まったために亡くなった。嚥下が十分ではないとの注意事項が共有されていたかどうかが争点となったが、施設側は顧問弁護士を立て責任を全面的に否認。お見舞金として100万円を支払うと提案してきた。

弁護士ご依頼後の結果

経済的利益14,000,000円

当方も弁護士へ委任し訴訟を提起した結果、施設内での共有不足という当方の主張がほぼ認められ、施設に対して総額1,500万円の支払いを求める判決が下された。

お支払い保険金

合計1,100,000円

弁護士費用と保険金支払額の内訳

  弁護士費用 支払保険金 自己負担額
着手金 869,000円 608,300円 260,700円
報酬金 1,738,000円 491,700円 1,246,300円
合計 2,607,000円 1,100,000円 1,507,000円