保険金お支払い例
相続問題

 
相続問題

遺産分割や遺留分減殺請求請求など、相続にまつわるトラブル・保険金お支払い事例をご紹介しております。

※ 保険金のお支払い額は一例であり、支払額を確約するものではありません。
※ 弁護士費用は例示のものであり、事務所や事案によって異なります。実際の費用はご依頼いただく弁護士事務所にご確認ください。
※ 着手金・報酬金以外に印紙代などの実費がかかることがありますが、実費は補償対象外となります。
※ 結果・判決・賠償及び示談の金額は一例であり、ケースによって異なります。

不動産の遺産分割トラブル

トラブル内容

2人兄弟の長男が、同居していた母親の死亡(父親は数年前に死亡)に伴う相続に際して、「この家には自分が住み続けるから売却しない。相続は放棄しろ」と兄。弟は「納得できない」旨を主張し、兄も不動産以外の資産は等分することを了解したが、評価額2,000万円の不動産に関しては主張を譲らない。

弁護士ご依頼後の結果

経済的利益10,000,000円

弟は弁護士に委任し、交渉レベルで話し合いを行った結果、不動産は売却せず、評価額の1/2にあたる1,000万円を兄が弟に支払うことで決着した。

お支払い保険金

合計681,450円

弁護士費用と保険金支払額の内訳

  弁護士費用 支払保険金 自己負担額
着手金 324,500円 227,150円 97,350円
報酬金 649,000円 454,300円 194,700円
合計 973,500円 681,450円 292,050円

遺言書に長女に全て相続させる記載があった

トラブル内容

亡くなった父親が「長女に遺産をすべて相続する」との公正証書遺言を作成していた。資産総額は3,000万円で、法定相続人は姉妹2人。母親はすでに亡くなっている。妹は遺留分にあたる750万円を請求したが姉は納得せず、双方弁護士を立てて調停へ移行することになった。

弁護士ご依頼後の結果

経済的利益7,500,000円

交渉は難航したが、調停委員からの強い説得もあり、最終的には姉も折れ、遺留分全額を支払うことで決着した。

お支払い保険金

合計716,100円

弁護士費用と保険金支払額の内訳

  弁護士費用 支払保険金 自己負担額
着手金 432,700円 238,700円 194,000円
報酬金 865,400円 477,400円 388,000円
合計 1,298,100円 716,100円 582,000円

事業承継を含む遺産分割トラブル

トラブル内容

兄弟は男2人。会社の創業社長であった父が亡くなり、生前の父の意向を踏まえて長男が跡を継ぐことになった。しかし、長男は次男(メルシー加入者)に対して「会社の存続に資金が必要なので相続は諦めてほしい」との見解を一方的に示してきた。会社の維持に必要な資金を確保してもなお、3,000万円の資産は相続可能なものとして残っているはずだが、このままでは長男が独占してしまうことになる。

弁護士ご依頼後の結果

経済的利益15,000,000円

次男はメルシー加入のおかげで紹介を受けた弁護士へ委任。3,000万円の1/2に当たる1,500万円の支払いを求めて兄と交渉を開始したが決裂。最終的に訴訟へ移行し、無事に1,500万円を相続することができた。

お支払い保険金

合計1,100,000円

弁護士費用と保険金支払額の内訳

  弁護士費用 支払保険金 自己負担額
着手金 924,000円 646,800円 277,200円
報酬金 1,848,000円 453,200円 1,394,800円
合計 2,772,000円 1,100,000円 1,672,000円